ニラ

2020年 3月 22日

 爺の部屋の軒下に植えてあるニラがもう5㎝ほどに伸びていました。ここはいつもなら屋根から落ちた雪がいつまでも残っているところで、この時期にこれだけ伸びているのを見たのは初めてです。桜の開花予想は山形で4月5日ごろとか。ラフランスやリンゴの芽吹きを見てもいつもよりは10日ぐらい季節は進んでいるようです。でも70年も人間をやってきた爺の経験からすると、こういう年は案外寒さのぶり返しがあるものです。

ブランコ

2020年 3月 21日

 ラフランスの剪定をしていたら、枝拾いに来たママと一緒に3人の孫たちもやってきました。末っ子の有紗(4月から年中組)が「おじいちゃんブランコ作って!」と言うのでロープと剪定した枝を使ってブランコを作ってやると「天才おじいちゃんだねぇ!」だド。

サクランボの幼果

2020年 3月 20日

 今日は雨が降ったりやんだりのうえ午後からは突風も吹いて、物置代わりのハウスのビニールを吹き飛ばされ、散々な1日でした。サクランボのハウスは何とか無事でしたが…。12月25日被覆のハウスは2月25日あたりが満開でしたがが、花びらが落ちた後から幼い果実が顔を出し始めました。最終的にどれほど結実するかまだわかりませんが今のところまずまずの結実量は見込めそうで、順調にゆけば4月中頃の収穫開始のはずです。

学校が休みの孫たち

2020年 3月 19日

 久々のブログです。今年の冬は全く根雪のない年で、70年人間をやって来た爺でさえも初めての経験です。そのうえ今日は3月中旬だというのに20℃を超す気温でラフランスが芽吹き始め、剪定作業に爺は大慌です。コロナ騒ぎでずーっと学校が休みの孫の優依果(3年)と実鈴(1年)が枝拾いの手伝いに来てくれました。子供でも結構役に立ちます。

ふじの収穫

2019年 11月 23日

 我が家のふじの収穫が大詰めです。今年も黒星病に悩まされた年でしたが、収穫してみるとこれまでにないほどツル割れ(果軸の部分が割れること)が少なく、何とか上位等級の果実が確保できそうです。